FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顎関節症(口を開けると、顎が痛い)



パソコンやデスクワーク、日常の作業で

多くの方が肩こりを経験されていると思います。

キータッチやデスクワークによる

腕を吊り下げる作業が肩や首に負担をかけている為、

首や肩がカチンカチンに緊張するせいです。

また噛み癖や咬合不正、ストレス、食いしばりや歯ぎしり、

頬づえ、うつ伏せなどの悪習癖などで口の開け閉めの時に

痛みが出たり、「カクカク」「コクコク」音がしたりします。

ひどくなりますと歯ぎしりや頭痛・顎関節症を ひきおこすこともあります。

そんな症状があらわれたときにマウスピース(スプリント)を装着しますと

肩や首の緊張が緩和され痛みや症状がやわらぎます

奥歯の周囲の筋肉が調和し緊張が緩め治療に最適な位置で咬ませることによって

咬筋(咬むときに使う筋肉)の緊張をやわらげ肩や首の張りを抑える効果があります。

パソコンやデスクワークで肩や首や口の開け閉めで違和感が出てきたり

肩こりがなかなか治らな買ったりした場合に

一度マウスピース(スプリント)をお試しになってみて下さい。

かみ合わせを少し変えることですごくよくなることがあります

治療は保険適応となりますので

初診時、レントゲン撮影・型取り・かみ合わせチェックなどで約3~4千円

マウスピース装着時約5千円です

顎の症状が出てきたら早めにぜひ一度ご相談ください

歯科ハナフサデンタルクリニックは086-265-6481です





スポンサーサイト
プロフィール

drdental

Author:drdental
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。