FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザーインプラント治療

ハナフサデンタルクリニックでは義歯では咬みにくい方に

レーザーインプラント治療をおすすめしています

最新のフラップレスレーザーインプラント治療は

「ほとんど痛みが出ない」「短時間で完了し出血もない」という

従来型の治療に比べて極めてストレスが少なくなっているのが特徴です

ききなれない治療法ですので

よくお問い合わせをいただく術式(時間)等を記載してみます

注射の痛みをやわらげる表面麻酔の後

局部に麻酔を行い麻酔が効いてくるのを待ちます

レーザーメスにて埋入部位を4mm切開します (約2分)

規格のドリルでタップを切りながらドリリングします (約1分)×3~4本

規格のインプラント本体をタップに沿って埋入します (約3分)

カバーを取り付けて手術は終了です(約1分)

確認のレントゲンを撮りその日は終わりです

このように最新治療では手術時間が非常に短縮されています

最近の手術機器の目覚しい進歩により

非常に簡単にすばやく切開や止血が可能となっています

そのため手術時間は大幅に短縮され

術中のストレスも大変少なくなっています

手術時間が短くてすむので、

麻酔の量もとても少なくすることができ

一段と安全性が増しました

術中は麻酔が効いた状態ですので痛みは有りません。

麻酔が切れてからも少数本の場合では

ほとんど頓服を服用することがないようです

切らない・縫わない術式で痛みとストレスを大幅に減少しています

安心のレーザーインプラントですが

糖尿病等の疾患をお持ちになると

インプラントと骨が結合しなくなるため

適応とならないことがあります

この手術でインプラント本体が顎の骨に埋入されましたので

骨とインプラントが結合するのをしばらくお待ちいただきます

(上顎で6ヶ月・下顎で3ヶ月)

骨とインプラントが結合しましたら

上部構造を作る作業に入っていきます

まず骨に埋められたインプラントに土台を付けていきます

土台は基本的にネジ止めですので痛みはまったくありません

土台が付きましたら型を取り歯を付けていきます

ハナフサデンタルクリニックでは白い歯はもちろんおすすめですが

生体親和性にすぐれ咬み合せのなじみのいい「ゴールド」をおすすめします

「ゴールド」はセラミックに比べて柔らかく

インプラントに負担がかかりにくくなるからです

実際は見える部分は白くして、内面と咬む面を金にいていきます

一連の説明から歯が完成するまでハナフサデンタルクリニック院長

花房英孝が責任を持って治療を行なっていきます

歯が抜けて咬みにくい方はお早めにご相談ください

レントゲン撮影を行い詳細にご説明させていただきます

インプラント治療は極めて複雑な治療になりますので

実績のある医院での施術をおすすめします
スポンサーサイト
プロフィール

drdental

Author:drdental
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。