FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病菌




歯周病菌が全身に悪影響を及ぼすことが最近解ってきました

心筋梗塞などの誘因になるようです

また咬み合わせがずれたままで放置しますと

肩こりや頭痛・全身の歪みにまで発展することもあり

注意が必要です

歯科ハナフサデンタルクリニックでは

「健康の入り口の口腔内」という考えに基づいて治療しています

ご相談は086-265-6481まで

スポンサーサイト

うがい

本格的に寒くなってきました

口はさまざまな雑菌の繁殖場所になり易いので

ブラッシングで汚れを取り除き

うがいも併用して殺菌につとめましょう



歯周病菌

歯周病菌が全身に影響を及ぼすことが最近わかってきました

心筋梗塞を誘発したり誤嚥性肺炎を起こしたり

子宮を収縮させることで早産や低体重児出産の原因にもなることがわかってきました

予防は定期的なブラッシングで口腔内にある歯周病菌を減らしていくこと

清潔な口腔内を保つことにです

全身状態を健康に保つためにもメンテナンスブラッシングにおこしください

ハナフサデンタルクリニックでは歯周病菌の減少と口腔内の精密検査を兼ねて

ブラッシング、洗浄消毒を行なっています

治療の前にもブラッシングを行なうことがあります

口腔内状態の精査を目的としており

歯肉や歯の状態が良い場合でもブラッシングを行なうことがあります

スッキリさわやかになります





歯ぐきが

暑さで疲れが出ているのか

最近歯ぐきが腫れる方が多くなっています

軽度の歯周病だった部位が

急に腫れてくる場合が多数見られますので

今まで以上にしっかり磨くようにしてください

薬用のうがい薬を使用するのも効果的です

歯槽膿漏

最近歯槽膿漏の症状で来院される方が多くなっています。

夏の疲れが出ているのか、気候の変わり目で体調が優れないのか、

弱っている方が多く見られます。

歯ぐきが腫れてズキズキ痛くなるときは、

切開をして中の膿を出すと楽になることがあります。

 腫れた部位が硬くなっている場合は、

まだ膿が溜まっていない場合が多く、

 この時期には切開を行っても楽にならないことが多いです。

この時期には、原因除去および抗生物質の投与で炎症を沈静させることが必要になってきます。

 炎症が沈静化し、歯ぐきが膿を持って腫れてきたら切開の時期になります。

 当医院では、切開をレーザーメスを用いて、非接触で行います。

 表面に麻酔をした後に、高出力レーザーを極短時間照射し、

切開を行います。 あっという間に切開可能ですし

、ほとんど痛みを感じることはありません。

非接触ですのできわめて衛生的です。 

プロフィール

drdental

Author:drdental
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。